読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違う性別の人の友達がいますか?男と女の親友はあり?成立しない?

双方が恋心というものを本当に持つことがないと成り立たないのが異なる性別の人との友情かもしれません。

何かのしぐさでどちらか一方は好意を膨らませているパターンがあるのが人間でしょう。恋愛対象と認識しないことで”遊び仲間”をキープするつきあいは成り立つのかということは昔でも今でもも問題でしょう。

友人においてはっきりとした分け目というものがないということは、男の人と女の人の友好はあり得るのだろうかという話題において、衝動を合理的思考を使って判断できるのかというお題にすごく関わりがありそうなのです。

お互いにに好きな人がいる関係で幸せあふれる状態など、条件があってはじめてあり得ることがあるのかもと推測できます。

性別が異なる仲良しの人といえる人はいるでしょうか?異性の友達はあり?なし?

どんなことでも言うことができる関係でこそ友達関係ではないでしょうか。友達で性の区別の関係ないことでしょう。

 

一緒の趣味趣向を話すことや、悩み事などをさらすことも、男女二人が飲む場合があり得ます。とは言え、恋人の関係や婚姻関係では、相手が自分以外の人と関わるということに全部についてわかってくれるわけではないです。

 

根本的に今、「友人」というものはいろいろだと考えられます。SNSで楽な気持ちで仲良くなれる「面識はないけれど友達」という新しい関係性も認められています。友人の言葉の意義の持つ範囲そのものが広まり、概念をますますあやふやなまぎらわしいものにしています。

 

異性同士の関係は、仲間であるものの自己規制力を主要ということです。そしてパートナーが必要ということはその友達より大切な人に対して思いやり、同性の友達も共に集まることや我の内部で決まりというものを認識おくことによって、いらないいざこざから免れそうです。